ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

オススメの曲『POLICE FORCE』

ガチョピン@けんじけんです。
寒くなってきましたね。本日ご紹介する曲は「個人的に燃える曲」であります。

機動警察パトレイバー』より『POLICE FORCE』です。


この曲のバリエーションが収録されているCDは、リリース順に、
『PATLABOR IMAGE SOUND-TRACK ALBUM Vol.4 INFINITY』
『PATLABOR CONCERT TOUR'92 PROJECT TOKYO』
『PATLABOR CDBOX DELUXE』(リファインミックス)
です。


特に私がお気に入りなのは
『PATLABOR CONCERT TOUR'92 PROJECT TOKYO』
での生演奏ですね! 
ウインドシンセが使われているのは、このライブ版のみです!


CDで初めて聴いた当時、私は小学生で「な、なんてオトナっぽくて、かっこいい曲なんだ!!」と物凄く興奮したことを昨日のことのように覚えております。

時を経て「どこに興奮したのだろう?」と分析してみると……
・都会的かつ愁いを帯びたメロディ
・情熱的なストリングス
ウインドシンセのかっこよさ
・メリハリの聴いたピアノ
・華麗なドラム
が挙げられます。


後年、川井さんは『PATLABOR CONCERT TOUR'92 PROJECT TOKYO』のエピソードとして、「コンサート映えする曲を選んだ」旨の発言をされています(『PATLABOR THE MUSIC SET-2』に収録)。なるほど、コンサートのDVDを観てみるとその趣旨が納得できます。聴いて想像していた以上に多くの楽器が使われていることや、ミュージシャンが「キラッ!」と光る瞬間を、実感できるのであります。

かっこいい曲を作って、自ら演奏するだけではなくて、「魅せる」舞台をも作り上げていたのかっ! と嘆息します。「職人」でありながら、実は「エンターテイナー川井」の一面が垣間見られるのです。と同時に、1992年の舞台が現在の活躍ぶりを予見していたのかな、と一人勝手に思う今日この頃です。


この曲を聴きながら、寒空の東京沿岸部を歩くのが私の趣味です。速いテンポで脚を動かし、ハートが燃える! 脂肪が燃える!(笑)ウォーキングのお供に是非どうぞ♪

機動警察パトレイバー PATLABOR TV+NEW OVA 20th ANNIVERSARY PATLABOR THE MUSIC SET-2

機動警察パトレイバー PATLABOR TV+NEW OVA 20th ANNIVERSARY PATLABOR THE MUSIC SET-2