ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

『イップ・マン 継承』のサントラ配信!

2017年4月に日本で公開された『イップ・マン 継承』(原題『葉問3』(2015年))のオリジナル・サウンドトラックが、11月30日より配信されています。

川井憲次作曲のオススメの曲『井戸端会議』(連続テレビ小説 まんぷく オリジナル・サウンドトラック)

まいど! ももんが@けんじけんです。


今回オススメするのは『井戸端会議』です。


最初に川井さんが連続テレビ小説梅ちゃん先生)の音楽を担当されたとき、そのバラエティ豊かな曲の数々に驚きました。特にコミカルな曲を聴いて「ドリフ! ドリフ!」とか「ダース・ベイダー!」と大喜びしたのが……もう6年前!?
そして2018年後期の連続テレビ小説は大阪が舞台の『まんぷく』。今回は……「吉本新喜劇」みたいな曲がある! その曲が『井戸端会議』なのです。

でも「吉本みたい」って何? と自問し、3秒考えて出た結論は、やはり「ふんわかぱっぱ ふんわかふんわか……」というトランペットの音色ですよねー。トランペット先に付ける器具、ミュートって言うんですね、すみません無知で。ていうか、吉本新喜劇の「ふんわかぱっぱ」の曲は『Somebody Stole My Gal』という曲だったんですね! すみません無知で!!

そのミュートを付けたトランペットの音色が、とてもコミカルで、なんだかマヌケな空気が漂っています。
愛嬌のある、この曲を聴いて朝からふんわかしましょう。

オリジナル・サウンドトラックは
11月14日より発売中!
↓ムック本(川井さん
のインタビューあり)


川井さんの曲で、他に「吉本みたい」な曲と言えば、『THE NEXT GENERATION パトレイバー オリジナル・サウンドトラック』の『されどゲーム』かな。出だしは完全に「ドリフ」なんですが、途中で「吉本」が入っています(笑)。

川井憲次の新情報!

ももんが@けんじけんです。

◆『信長の野望 Online』

2019年1月23日に実装される新規拡張パック『信長の野望 Online ~天楼の章~』の音楽を、川井さんが担当されます。

そして1月16日発売の『信長の野望 Online 15周年記念BOX』Windows版、PlayStation 4版)には、『天楼の章』の新曲が収録されたサウンドトラックCDを同梱。

Windows版】
PlayStation 4版】



◆『氷峰暴』(英題:Wings Over Everest)

役所広司さん主演の中国映画『氷峰暴』の音楽を、川井さんが担当されます。公開は2019年の予定。
役所広司主演の中国映画『氷峰暴』、東京で予告編公開_中国国際放送局
www.youtube.com



◆『仮面ライダービルド』

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』

年末の映画は現行ライダーと前ライダーが共演する……というのが恒例だそうで、軽くスルーしていましたが(すみません、詳しくなくて)、12月22日公開の『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』に川井さんも参加されています。『ジオウ』の音楽を担当されている佐橋俊彦さんとの共作になります。
平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER オフィシャルサイト

映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』本ポスタービジュアル解禁!! | 東映[映画]


『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ』

こちらの音楽も、川井さんです。「Vシネクスト」……だそうで、Blu-ray/DVDの発売だけでなく、期間限定で劇場上映もされます。
期間限定上映は2019年初旬、Blu-ray/DVDの発売は2019年4月24日です。
Vシネクスト『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ』
仮面ライダービルド 特集 | 東映ビデオ株式会社

ファミ憲ミニ『まんぷく』より&『科捜研の女season18』

「ほぼ隔週刊」になったはずのけんじけんブログですが、今週もはりきって更新しちゃうぞ。
だって改編期なんだもん……


ご無沙汰しておりました~!!ゆやです。
久々の ファミ憲ミニ 復活です。


というか、前回のファミ憲ミニが去年の科捜研だったりして。
まるっと1年ぶり。

その間にあの番組も!この作品も!担当していたのに~
ま、ぼちぼち作っていきたいと思います……。

で、前回のももんがさんの記事にもご紹介の通り
kenjiken.hatenablog.com
今年も無事つつがなく、科捜研がスタートいたしました。

なので、恒例のオープニングをファミ憲で作らせていただきました!
youtu.be


そして、『梅ちゃん先生』に続いて川井憲次NHK連続テレビ小説に帰って来たあ~~ッ! というわけで
こちらも作ってみました。
youtu.be
いやー、セリフやら効果音やらナレーションが被る中、ここの音はコレでいいのかぁぁ?と思いつつ探す……
鑑定作業の間存分に聴けちゃう科捜研とは違ったドキドキ感の中、耳コピいたしました。

サントラではどんな題名になってるのかな、とか
この先どこまで続いて一曲になってるのかしら、とか
いろいろ想像してみると楽しいですね♪


連続テレビ小説「まんぷく」オリジナル・サウンドトラック

連続テレビ小説「まんぷく」オリジナル・サウンドトラック

川井憲次の新作!『科捜研の女 SEASON18』とイベント出演情報

◆『科捜研の女

科捜研の女』の新シリーズ(2018年10月18日〈木〉よる8時より放送)の音楽を、川井さんが担当されます。(8月20日発表)

沢口靖子、藤崎絵三プロデューサー コメント|ニュース|木曜ミステリー 科捜研の女|テレビ朝日


……に先駆けまして!
2時間スペシャルが、10月14日〈日〉よる9時より放送されます。(9月3日発表)
レギュラースタートに先駆け、「科捜研の女」超豪華2時間SP放送決定!|ニュース|木曜ミステリー 科捜研の女|テレビ朝日

テレ朝POST » 『カメラを止めるな!』のヒロイン・秋山ゆずき、『科捜研の女』SPにゲスト出演


宅間孝行さん、小堺一機さん、秋山ゆずきさんなどがゲスト出演されますが、なんとまさかの“あの人”が帰ってきます!!
あり得ないと思っていた復活劇に、テンションうなぎ登り!
youtu.be

科捜研の女 SEASON18』テレビ朝日公式サイト
https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken18/



◆『岩崎琢川井憲次トークセッション ~走り続ける劇伴~』

11月4日の早稲田祭で行なわれるイベントに、川井さんが出演されます。

日時:2018年11月4日(日)
   開場 13時15分、開演 14時、終演 15時30分
会場:早稲田大学早稲田キャンパス15号館3階302教室

料金は無料ですが、申し込みが必要です。
詳しくは特設サイトにて。
岩崎琢・川井憲次TALK SESSION~走り続ける劇伴~


オススメのアルバム『仮面ライダービルド TVオリジナルサウンドトラック』(『仮面ライダービルド』より)

レグルス@関西人です。今回オススメするのは『仮面ライダービルド TVオリジナルサウンドトラック』(『仮面ライダービルド』より)です。


今回はいつもと趣きを変えて……
「ありのまま、思ったことを話すぜ」


「あれ、劇伴が聞こえない?」
「アニメ『ひぐらしのなく頃に』の悪夢の再現か……? いや、あれより酷い(音量が小さい)」
「哀しいシーンだけは少し聴こえるか……?」
「せめてサントラは早く出して~~!」
「え~~?! 放送終了(1年)後まで出ないの~~(T_T)」


サントラ発売後

「こんな曲がかかってたのか?!」
「どれもバッチリ作品に合ってるやん! ヒロイックな曲はメッチャ格好いい!」
「こんなに合ってるのに何故本編に流さないんだ……!(*`Д´)ノ」
「……いや、もう、そもそも『ビルド』には劇伴は流れなかったんだ、と諦めよう」
「普通のサントラは、音楽だけを聴くことで映画(のその場面)を追体験するもの。でも、これはその場面に音楽は(事実上)ない。これはもう、普通のサントラを聴く感覚ではない」
「たまにある、サントラを先に聴き、後から本編を観た時の感覚とも違うしなぁ……」
「場面は知っているのに、音楽がない、というのはマンガのイメージアルバムを聴く時と同じじゃないか!?」
「ということは、これはサントラというより、イメージアルバムなんだ!」
「普通のイメージアルバムよりも、曲名に場面が詳しく指定されているので(テレビシリーズの劇伴として発注されているので当然ですが)、使われる場面がまざまざと思い浮かぶ!」
「そうだ! これは劇伴のなかった『ビルド』に、川井さんが『この場面にはこんな曲が合うんですよ』と提供してくれたプレゼントなんだ!」


……と、最後には前後・事実関係をねじ曲げ、何やら無理矢理・怪しい結論になりましたが。
でも、「演出家、音響監督、ミックス担当者はA級戦犯!」とか言って憤っているだけでは非生産的ですしね。



仮面ライダービルド TVオリジナルサウンドトラック(CD2枚組)仮面ライダービルド TVオリジナルサウンドトラック(CD2枚組)
V.A.

avex trax 2018-09-04



ちなみに、マンガのイメージアルバムというのは、最近はあまり見ませんが、90年前後くらいにはよく出ていました。アニメ公開前に発売されることもありますが、基本的には映像化とは無関係に出されるもの。歌ものとインストが半々くらいのものが多いでしょうか。