ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

川井憲次作曲のオススメの曲『FINAL MISSION〜QUANTUM BURST』(劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- ORIGINAL SOUNDTRACK)

どうも、『科捜研の女』第16シリーズ放送決定に沸くももんが@けんじけんです。


けんじけんアンケートにご協力いただいたみなさま、夏コミで本を買ってくださったみなさま、ありがとうございました。重ね重ねお礼申し上げます。


アンケートは好きな曲ベスト3をお答えいただいたワケですが、なんせ曲数が多いですからねぇ。票もバラけるだろうな〜と思いながら回答を拝見。一曲一曲「そうそう、これ名曲だよね〜」とパソコンに向かってうなずく私……。


そんな中でも複数の回答を頂いたのが、『FINAL MISSION〜QUANTUM BURST』(劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the trailblazer-)でした。

これは『機動戦士ガンダム00 ORIGINAL SOUNDTRACK 04』の中で最も熱い曲の一つ『TRANS-AM RAISER』のバリエーションです。
8分強ある曲の前半は、ほぼ『TRANS-AM RAISER』と同じですが、中間付近で曲が終わりそう……に見せかけて終わらない! 一旦トーンダウンした後、再び盛り上がっていって女声スキャットが入ります。
女声スキャットはこの後もう一度登場しますが、これは劇中で「ELS」に突入したり、対話を始める部分です。戦闘系の曲ですが、ここでは神秘的なムードになります。


女声スキャットで、しばし雰囲気を変えた後に再び戦闘系に戻り、同じフレーズを繰り返しながら徐々に音程が上がっていく……と同時に曲調も盛り上がっていきます(5分30秒辺りから)。←ここ! ここです。私のこの曲一番のお気に入りポイントは。


実は『FINAL MISSION〜QUANTUM BURST』については、以前このブログで、風見鶏さんが一度取り上げています。
風見鶏さん曰く、

メロディの音程が下がっていくとこがとくに好きなのです。『FINAL MISSION〜QUANTUM BURST』では45秒くらいのとこから。


※けんじけんブログ2010年10月10日「オススメの曲『機動戦士ガンダム00』『科捜研の女』『機動戦士ガンダム00-A wakening of the Trailblazer-』より」

とのこと。これを読んで気づきました。
「私は音程が上がっていくところが好き!」
それが先程の部分です。さらには、一度盛り上がり切ったとこで終わらずに、また盛り上げて、盛り上げて、盛り上げる! テンションうなぎ上り!! HP(ヒットポイント)回復!!!


またまた台風がやって来ているようですが、台風だからといって『劇パト*1』ばかり聴いていてはいけません。
では、みなさんご一緒に!


くゎんたむ・ばーすと!!