ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

オススメのアルバム『NHK特集ドラマ 下町ボブスレー オリジナルサウンドトラック』

どうも、新選組と言えば、ゴリラの局長とかマヨラーの副長しか思い浮かばない、ももんが@けんじけんです。


……それは真選組だ!
突然何の話かというと、先週のたか厨さんのネタに被せただけです。今回のブログには何の関係もありません。申し訳ありません。


では今回のテーマは何かと尋ねたらベンベン、実話を元にしたNHK特集ドラマ『下町ボブスレー』です。川井ファンには『ランデブー!』『梅ちゃん先生』でお馴染みの尾崎将也さん作です。
たった全三回の特集ドラマですが、もしかしてサントラが……と密かに期待しておりました。『ランデブー!』のサントラを、自らの強い意志で出してくれた尾崎監督だからです。


いつも尾崎監督作品の音楽は、近年の川井音楽に不足しがちな成分を補給してくれます。
今回もビッシリ、川井らしい音楽が詰まっております。


サントラが届いて以来、軽快なリズムが脳内を無限ループ中です。他に印象的なのは、活動的なサックスの響きと、温かみのあるアコーディオンの音色。川井さんのエレキもちょいちょい唸っております。


町工場の底力、新しいことを始める期待と不安・立ち塞がる困難。
そんな様子を表した、明るく元気な曲・ほのぼの系の曲をメインに、立ち込める暗雲系を少々配合。
元気が出たり、ほんわか和みの効果が期待できるサントラです。


尾崎監督作品の音楽で、私が注目する点がもう一つ。曲のタイトルです。物語的と言いますか、ドラマチック(?)なタイトルが付けられているので、どの場面に使われた曲だったっけな……と見返したくなること受けあい。が今のところ、再放送の予定はないようですので、ドラマを見逃した皆さんはサントラを聴いてで元気成分を補充しましょう。


最後になりましたが、本ドラマに出演された蟹江敬三さんがお亡くなりになったそうです。ドラマ中で自作(?)のボブスレーソングを歌う、お茶目なお父さん役でした。ご冥福をお祈りします。