ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

オススメの曲『リング2〜Trailer〜』(『リング2』オリジナル・サウンドトラック)



レグルス@関西人です。


残暑に贈る納涼企画。
前回私が書いた『かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート』に引き続き予告編ネタ。『リング2』予告編のための曲です。


ジャンルとしてはテクノ・トランス調で、川井さんの曲の中でも他に似たものが思い浮かびません(この『リング2』の劇伴にも)。それ故、言われないと川井さんの曲だと分からないかもしれません。
私でも分かる川井さんらしさは0:29や3:00あたりに入るパーカッションのタイミングくらい?


基本的にビートのない本編の劇伴とは対照的です。本編の曲は(乱暴な表現ですが)「キーッ」「ドーン」というような感じの曲が中心ですから。


この曲単独で聴くと、それこそ洋画の(ドラッグとかやってたりする)危ないクラブでかかってそうなダンスミュージックなのですが、映像と合わせるとあら不思議、一気に恐怖のどん底に突き落とされます。


普通のサントラは、映像を観てから、追体験的に曲を聴くのが基本だと思います。この曲に関しては逆に、まずサントラを聴いた後で映像(予告編)を観ることで、印象がガラッと変わるという感覚を味わってほしいです。

私の好きなミステリ小説でも、優れた作品には再読した時に周到な伏線に気がついたり、時に文章の意味が反転したりする驚きがありますが、それに近いものがあります。





リング(2)リング(2)