ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

オススメの歌『GA★PAの歌』

ガチョピン@けんじけんです。
暦の上では冬になりましたが、まだまだ熱いぞパト旋風! ということで、先日発売された『THE NEXT GENERATION PATLABOR ORIGINAL SOUNDTRACK2』 より『GA★PAの歌』を紹介いたします。


第4章・エピソード6『大怪獣現わる 後編』に登場するこの歌ですが、1961年公開の怪獣映画『モスラ』の劇中歌『モスラの歌』のパロディーです。


元ネタの『モスラの歌』 ではザ・ピーナッツの二人が「モスラヤ モスラ♪」と歌います。それに相当する箇所をザ・リリーズの二人が「ガッパー ガッパー♪」と歌う作りです。


劇場でこの歌を耳にした私は「あれ? この歌、川井さんの作曲かな?」とパロディーであることそっちのけで「川井センサー」をフル稼働。そのうちに間奏(サントラで39秒から51秒あたり)が流れだし「川井さんの曲だ! このメロディーラインは川井さんに違いない!」と確信。エンドロールで“作詞・作曲・編曲:川井憲次”と観た際には「私の『川井センサー』は正しかった! え、作詞もやってたの!?  きっと作詞は無茶振りだったんだろうなあ」と川井さんの仕事ぶり・職人魂に惚れ直したのです。 


「制作サイドでも物語内でも、いい大人が一生懸命ワルノリをする」 のが『パトレイバー』という作品における真のテーマで「この歌にもそのスピリットは受け継がれている!!」と長年、川井ファン、パトファンを続けてきた私は思うのです。


本編も怪獣映画のパロディー仕立ての作りに呼応する『GA★PAの歌』。
「作曲にあたり『モスラの歌』をイメージして、楽器編成も当時のものを意識して作ってみた」と川井さんはサントラのライナーで述べられています。 「なんちゃってパロディー」にせず、オリジナルに忠実にしてこそパロディーたりうる、というこだわりの成せる技です。


基本的に1話完結のため、どの章から観ても楽しめる本作。次の第6章は11月29日より2週間限定の公開です。曲名から察するに『サントラ2』には、第6章までの曲が収録されている模様です。(ネタバレ注意ですが)聴き込んでから観ると、より一層楽しめるかもしれませんよ!


THE NEXT GENERATION パトレイバー オリジナル・サウンドトラック2

THE NEXT GENERATION パトレイバー オリジナル・サウンドトラック2

THE NEXT GENERATION パトレイバー オリジナル・サウンドトラック

THE NEXT GENERATION パトレイバー オリジナル・サウンドトラック

THE NEXT GENERATION パトレイバー/第4章 [Blu-ray]

THE NEXT GENERATION パトレイバー/第4章 [Blu-ray]

THE NEXT GENERATION パトレイバー/第4章 [DVD]

THE NEXT GENERATION パトレイバー/第4章 [DVD]