ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

オススメの曲『機動戦士ガンダム00』『科捜研の女』『機動戦士ガンダム00-A wakening of the Trailblazer-』より

【作曲家・川井憲次の楽曲について、色々語ってみるブログ/第27回】


こんにちは! 風見鶏@けんじけんです。

最近、穏やかな曲や楽しい曲に傾倒していましたが、ここらへんでカッコイイ曲にいってみます♪


今回のお題になる曲は3つ。
『TRANS-AM RAISER』───(『機動戦士ガンダム00OST 04より)
『科捜研のテーマ-アップテンポ-(10)』───(『科捜研の女OSTより)
『FINAL MISSION〜QUANTUM BURST』───(劇場版『機動戦士ガンダム00-A wakening of the Trailblazer-』OSTより)


どれもアップテンポでカッコイイ曲です。
最近の作品の中では特にこの3曲が私のお気に入りであります。
『TRANS-AM RAISER』は『機動戦士ガンダム00』(TV)後半の盛り上がるシーンに何度も使われていて私の中でヒット☆
『科捜研のテーマ-アップテンポ-(10)』はこの間まで放送していた『科捜研の女』シリーズ10の目玉曲で、最終回でもカッコよく使われ、サントラ発売とあわせてタイムリーヒット
『FINAL MISSION〜QUANTUM BURST』は『機動戦士ガンダム00-A wakening of the Trailblazer-』(劇場版)で重要な見せ場で流れていたのが印象的でこれもクリーンヒット☆


私はこのいずれの曲も、途中のメロディの音程が下がっていくとこがとくに好きなのです。

『科捜研のテーマ-アップテンポ-(10)』は30秒くらいのとこから。
『TRANS-AM RAISER』は34秒くらいのとこから。
『FINAL MISSION〜QUANTUM BURST』では45秒くらいのとこから。
(いずれも何回か繰り返し出てきます)

この部分に『科捜研の女』と『機動戦士ガンダム00』というまったく違う作品の曲でありながら、何か通ずるものを感じてしまったのです。
もっとも、00TVの『TRANS-AM RAISER』と00劇場版の『FINAL MISSION〜QUANTUM BURST』は、前者の曲をアレンジし直したものが後者なので、同じフレーズが出てくるのは当然なんですが、それに少し似た感じのする『科捜研のテーマ-アップテンポ-(10)』もなかなかカッコよくて、どれもハマってしまう魅力がありました。


ちなみに、この「音程が下がっていく音」というのはここで挙げたものだけにとどまらず、実は他の色々な曲にあり、それも主旋律とは限らず、バックで下りていく楽器の音色に反応して大好きな曲になってしまう、なんてこともあったり。
これはメロディの部分なのか? コード進行の部分なのか? この私を惹きつけるものは何!? ってな感じで自分の好きなポイントを突いてくる曲に関してはけっこう奥が深そうです。


もちろんこれはいずれも私の主観ですので、同じサントラでも聴く人がそれぞれに見つけていく楽しみ、といったものですね。

今回挙げた3枚のサントラもそうですが、他にもたくさんの曲が色々なサントラに散りばめられています。
その中から、これだ! という宝物のような曲を見つけてもらうためのお手伝いが出来たら「けんじけん」としては嬉しい限りです。

みなさまも、それぞれ自分の好きなポイントを揺さぶるような曲を見つけて楽しんでいただければ幸いです。


それではまた。【鶏】(*゜▽゜)ノ


      



引き続き「けんじけん」では、みなさまからのご意見、ご要望、リクエスト(?)等々……大募集しております。
コメント欄や「けんじけん目安箱」(メールフォーム)などで、けんじけん宛に何かしらメッセージを送っていただけると喜びます♪