ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

川井憲次の音楽担当作品レポ。

まいど! ももんが@けんじけんです。


昨夜(2018年1月6日)は、古舘トーキングヒストリー第二弾『戦国最大のミステリー 本能寺の変 完全実況』の放送がありました。私の分かる範囲で、番組内で使われた音楽についてレポートしたいと思います。


まずは、2016年12月に放送された古舘トーキングヒストリー第一弾『忠臣蔵 吉良邸討ち入り 完全実況』の曲。メインテーマ曲は、このシリーズが今後も続くのなら、共通のテーマ曲として使われるのでしょうね。


ゆやさん作ファミ憲ミニ
『古舘トーキングヒストリー 忠臣蔵』より
メインテーマ(推定)


そして、他の川井作品からの流用。
・『Fate/stay night A. OST』より
   『運命の夜』『漆黒の十字架』


・『セブンソード オリジナル・サウンドトラック』より
   『Trailer of Seven Swords』


・『鼠、江戸を疾る オリジナル・サウンドトラック 』より
   『大江戸八百八町』『鼠の推理』『真相解明』『潜入』


私が確認できたのは以上です。


しかし、今回のための新曲があったのかどうかは、私の耳と記憶力では判別できませんでした。すみません! 何のためのけんじけんだとお怒りの皆さま、ホントすみません! 何せワタクシ、川井さんの音楽が好きなだけの平凡なももんがなもので。サントラが出ていれば話は別なのですが。
川井さんからのアナウンスが何もないことから考えても、恐らく新曲はなかったであろうと思われます。


第一弾でも他作品からの流用はありましたが、第二弾では特に多かったように思います。
疑問を提示する場面では決まって『Fate』の『運命の夜』だったり、ドラマの見所を紹介する場面では『セブンソード』の『Trailer of Seven Swords』だったり……と、そういう決まった使い方をする時こそ、それ専用の音楽を川井さんに作ってもらいましょうよ〜(言うのは簡単なので、言っておく)。


恐らく『忠臣蔵』のために作った音楽では、どうしても合わなくて、こうなったのかな〜〜と想像はしますが。
シリーズを重ねるごとに新しい曲をドンドン追加していき、そしてサウンドトラックを発売するのですよ。


それにしても『運命の夜』の選曲は意外でした。タイトル的にはぴったりですがね。
それと、筧利夫さんが信長役で出演されているのは予告で知っていましたが、息子が佑馬(福士誠治さん)でしたね! 川井さんが音楽担当の他作品に出演されていた俳優さんを探すのも楽しいものです。