ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

ファミ憲ミニ『精霊の守り人』より『思い遥か(ナージの唄)』


ゆや@けんじけんです。

綾瀬はるか主演のドラマ版『精霊の守り人』(NHK放送90年大河ファンタジー)に連動して
2007年に放送されたアニメ版『精霊の守り人』が現在再放送中♪


今回はアニメ版『精霊の守り人』から、
ストーリー展開の上で重要な役割を持つ挿入歌『ナージの唄』をご紹介します。



すでに本ブログでも2010年6月(ナージの唄)2013年4月(アルバム)にてももんが氏よりご紹介させていただいている名曲でございますっっ。

オリジナルサウンドトラックである『音楽篇1』では
1曲目にインストゥルメンタルの『思い遥か』、最後に子どもたちが歌う『ナージの唄』が収録されています。
(ファミ憲にしちゃったらどっちかわからないんだから『ナージの唄』でいいじゃん!と思われることでしょうが、イントロ部分に『思い遥か』のものを使用しましたので併記しました。綾瀬はるかとおもいはるかを掛けたわけでは……ありませんよ)




初夏の風に口ずさむ「カーオカオ、ホーイホイ」は格別ですね。
田植えの終わった一面の棚田を見ながら聞いてみたい一曲です。



精霊の守り人 音楽篇 1

精霊の守り人 音楽篇 1