ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

「す」『すべてがFになる』ドラマもアニメも担当です

ガチョピン@けんじけんです。
川井憲次かるた」の2首目は、

「す」

すべてがFになる

ドラマもアニメも担当です
 



≪かるたの解説≫
ドラマ・アニメとも、森博嗣氏のミステリー小説『すべてがFになる』が原作です。
                        
2014年秋にフジテレビ系で武井咲さん、綾野剛さんの主演でテレビドラマ化し、
2015年秋にフジテレビ「ノイタミナ」枠にて『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』のタイトルで、放送されました。


両作とも、フジテレビ系列で放送、音楽は川井さんが担当、放送が一年後のほぼ同じ時期、という不思議な一致が多い作品です(アニメの依頼が来たとき、川井さんは「え、また!?」と大変驚かれたそうです)。
すべてがFになる』は「S&Mシリーズ」のうちの一作で、森氏のデビュー作です(ちなみに第1回メフィスト賞受賞作品で、ミステリーファンにはおなじみですね)。


端的にサントラ全体を俯瞰していえば、ドラマは「動」、アニメは「静」な雰囲気とでもいえるでしょうか。「実写とアニメでは、こうも違うのか!」と聴き比べをするのには最適の作品ですね。


それと、曲名にも驚きの仕掛けが!
ドラマのサントラは、曲のタイトルがすべて「F」で始まる単語で名付けられ、
アニメのサントラは、曲のタイトルに必ず「F」が含まれていて、「F」満載に仕上がっています。


季節柄でしょうか、アニメのサントラ14曲目『Fragment Ⅵ ver.』を夜桜見物のお供にしたいな、と私は思った次第です。


先月、アニメ『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER Complete BOX』が発売されました。
このBlu-ray & DVDには、特典として「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER ORIGINAL SOUNDTRACK」が同梱されています。
サントラ単体での発売は無く、川井ファン必携のComplete BOXですね!
なお、公式サイトでは、劇伴の一部が試聴できますよ!
http://www.f-noitamina.com/bd-dvd/index.html


と、豆知識。原作の森博嗣氏と川井さんは同い年です。うーん、不思議なご縁ですねぇ。



↓ドラマで「動」を体感!                
フジテレビ系ドラマ すべてがFになる オリジナルサウンドトラック [ 川井憲次 ]        


↓アニメで「静」を体感!
すべてがFになる THE PERFECT INSIDER Complete BOX【完全生産限定版】【Blu-ray】 [ 加瀬康之 ]


森博嗣×川井憲次の初組み合わせ!
オリジナル・サウンドトラック 「SOUND of The Sky Crawlers」