ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

『誰がために戦う』(『BLUESEED』より)

レグルス@関西人です。今回オススメする曲は、『誰がために戦う』(『BLUESEED』より)です。
サントラ『BLUESEED 音楽編Vol.2』では、アップテンポ調と、スローバラード調の2曲で1トラックですが、今回紹介するのは前半の曲です。


テレビシリーズ用の曲ならではで、余計な導入部がなく、いきなりメインメロディが始まります。
スタッカートの効いたスピード感がありつつ、ストリングスによる哀切なもの。
リズムパートは激しく、特にメロディが途切れる間には、一際凝ったビートのドラムが聴く者にダレ場を与えません。
「哀切なメロディ」「凝ったドラム」両者の競演こそ、川井節の醍醐味と言えましょう。


もし「最も川井さんらしい曲は?」という無理難題があれば、私はこれを選びます。
川井曲入門として、まずは聴いて頂きたい1曲。



BLUE SEED 音楽編Vol.2BLUE SEED 音楽編Vol.2
TVサントラ 山咲桜 TAKADA BAND 藤宮紅葉

キングレコード 1995-03-03