ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

『科捜研の女 Season17』第4話「殺人交響曲」レポ

まいど! ももんが@けんじけんです。

科捜研の女 Season17
第4話「殺人交響曲」
2017年11月9日放送
監督:田崎竜太
脚本:李正姫

ご覧になりましたか!?
世界的作曲家が主人公(?)ということで、何を差し置いても観なければなりません。


ドラマが始まって早々、川井さんの音楽が!……というのは、まあ当ドラマではいつもの事なのですが、今回はオーケストラですよ!
演奏シーンは、撮影協力にあった立命館大学交響楽団でしょうか?


科捜研の女 Season17』のために、川井さんは8曲の新曲を作られたそうですが、そのうちの2曲が今回の劇中の音楽、『罪と罰』と『エデンブルーのテーマ』です。


罪と罰』は低音の利いた重厚な曲……というところで、犯行のトリックの一部が見えてしまいましたがね。
罪と罰』が流れ終わったと思ったら、鑑定シーンに突入。そのまま『科捜研のテーマ Season17(仮)』が流れ出すというウハウハな展開もアリ。
曲についてもっと詳細にレポしたいところですが、今回は時間の都合により、これで(^^;


これら曲も次のサントラにきっと収録されますよね!
ジーーーーッ(・・)と関係者の方々にマリコビームを。
ジーッとしてても、どうにもならねぇ!<今、関係ない


そうそう、世界的作曲家・海東柊一郎先生が作曲をしているシーンもありましたね。
海東先生は『遥かな想い』(オリジナルサウンドトラック Part2 収録)を作曲中だった模様。


ちなみに、メインテーマ曲の着メロがモバイルサイトで配信中だそうです。