ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

川井憲次作曲のオススメの曲『青鰉』(めざめの方舟 Original Soundtrack)

どうも、春が大好きももんが@けんじけんです。


春ですね。
なので今回オススメするのは『青鰉(しょうほう)』です。


サントラが発売される『科捜研の女』『ワールドトリガー』、絶賛放送中TVアニメ『ジョーカー・ゲーム』、もうすぐ開始NHK木曜時代劇『鼠、江戸を疾る2』など、川井憲次関連の話題が豊富な今、オススメするのは『青鰉』です。


どうして春だから『青鰉』なのかと言いますと、ちょうど去年の今頃のことでした。とある番組(NHK『新日本風土記』ですが)でこの曲が二次使用されたのですが、そのとき唐突に「あぁ、春だなぁ」と感じたのです。季節感とは全く関係のない場面だったのに、とても自然にそう思えたのです。



穏やかで明るめの曲調に、雪解け水の中を泳ぐ魚の姿が、ふと脳裏に浮かびました。


実際の『めざめの方舟』の『青鰉』は、暗い海にサメやエイや古代魚のようなものが泳いでいて、春を感じるような映像ではありません。映像の後半は、海から空へ雲の中を昇っていくようなイメージです。


めざめの方舟』は、2005年の国際博覧会愛・地球博愛知万博)」で公開された、押井守監督総合演出の映像作品です。3月25日から9月25日の6ヵ月間の会期中に、『青鰉』『百禽』『狗奴』の全3タイトルが上映されました。2ヵ月ごとに1つずつ上映したうちの最初のタイトル、つまり春に上映されたものが『青鰉』だったのです。そう考えると、『百禽』が夏で『狗奴』が秋の曲? なんだかストンと腑に落ちた……。


静かにジワ〜と始まって、ひたすら穏やか〜に。西田社中の民謡コーラスもゆったりと。途中でストリングスが加わって少し華やかになったりしますが、基本は緩やか。最後1分半ほどは、太鼓の力強いリズムが加わります。次の『百禽』に繋がっていく感じ。


聞いているうちに段々心も穏やかになって、最後に元気づけられる、そんな気がします。
春の陽気の中、しばし心を解き放ってじっくり味わいたい曲なのです。


『百禽』をオススメした記事はこちら
ほぼ週刊けんじけん「オススメの曲 『百禽』」


 




押井守監督の映画『GARMWARS ガルム・ウォーズ』は5月20日(金)公開!




← 5年半ぶり、待望のサントラ第2弾は4月27日(水)発売!


← 1年半もの放送を終えてからの、やっとのサントラ発売は5月11日(水)!



← 2014年放送・第一期のサントラです。