ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

川井憲次編曲のオススメの歌『でんぐりがえり』

ガチョピン@けんじけんです。

けんじけんよりうれしいお知らせ。
来たる、8月14日(金)東京ビッグサイトで開催されるコミックマーケット88に、当サークル・憲次力研究所(けんじけん)も出展します。場所は「東ビ39b」です。
新刊は「歌モノ解説本(仮)」。ただいまけんじけんメンバー総力を挙げて執筆中です。皆様、おたのしみに♪


では、おたのしみつながりで、
井上喜久子さんのアルバム『たのしいこと』より『でんぐりがえり』(作詞・作曲・歌:井上喜久子/編曲:川井憲次)をご紹介いたします。※ベスト版『そらいろのえほん』中「おひさまCD」にも収録。


NHKみんなのうた』か『おかあさんといっしょ』、フジテレビ系『beポンキッキーズ』あたりで取り上げられそうな、キッズ(?)ソング。2歳〜5歳の子と歌ったら、楽しいだろうな、子猫が遊んでいる映像にもマッチしそう! と妄想を膨らませてしまう、にぎやかでたのしい歌です。体を動かしたくなるようなやや速めのテンポで、聴くとウキウキします。梅雨のうっとうしい時季には、こういう歌でストレス発散!
(実際、ストレス解消には体を動かすと良い効果があるそうです)


動物園の仲間たち、遠足の保母さん、大統領も、王様も世界中でみんながでんぐり返りをする、という歌詞の中で、喜久子さんによる「ごろごろりん♪」が耳に残り、歌が終わった後でも口ずさむこと請け合いです。


他に聴き所としては
・歌中で、喜久子さん演ずるレポーターの実況ぶり。
・間奏の華やかな明るさ、快活さにウキウキワクワクするところ。川井さんの数ある魅力のうち「歌モノにおける間奏のうまさ」は特筆すべき点だと思いますが、この歌においてもそれは発揮されています。
・反復を多用し、平易な言葉でつづられる歌詞。「ごろごろりん♪」だけでも小さい子は楽しめるし、早口言葉的な歌詞では大きい子にもチャレンジできるハードルが設けられています。
・やや早めのテンポながらも、歌いやすい音程に仕上げた作曲のたくみさ。「親の目線で作詞・作曲」したのかな? と喜久子さんの懐の深さが伺えます。


あ、でんぐりがえりをしながら、歌うのは難しいですね(笑)。
梅雨明けまで(例年通りならば)あと一月ほどありますが、この歌のように明るく楽しくお過ごしくださいね!


たのしいこと


井上喜久子 声優生活15周年記念ベストアルバム そらいろのえほん