ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

楊家将関西オフ

どうも、黒田官兵衛ゆかりの地付近に生息するももんが@けんじけんです。


いやー、始まりましたねー 『鼠、江戸を疾る』(官兵衛と違うんかい!)。
ということで、今回は先日行ないました、「楊家将関西オフ」のレポートをお送りします(『鼠』と違うんかい!)。


集まったメンバーは三名。
場所はいつもと違って心斎橋です。
過去には、湯浅監督『まばたき』や中田監督『ハリウッド監督学入門』の公開時などに、神戸でオフを行なったことはありますが、大阪で梅田以外はお初です。


今回はシネマート心斎橋で1月4日より公開の 『楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜』 を鑑賞しました。
劇場で開場を待っている際、売店で『キネマ旬報』を発見。年末年始にリアル店舗をあれだけ探してなかったものがあっさりと、と思ったら12月上旬号でした(川井さんのインタビューが載っているのは1月上旬号)。チャンチャン。解散後に入った情報によると、梅田の本屋には既に1月下旬号が並んでいるとのこと。どこ行った? 1月上旬号!!


さて映画はといいますと……。
七兄弟の見分けが付かない!! ということで話が見えない……。「忠臣蔵的なお話か?」と他のメンバーが口々に言っていたのが印象的でした。
肝心の音楽は、『セブンソード』などに比べると、それほどメロディが立っている訳ではありませんが、やっぱりカッコイイ! 大陸系の画に馴染む!! あとはサントラが発売されればバッチリ。


映画鑑賞後は同じビル内にあるファミレスで食事。
ファミレスに入るのも、関西オフではお初です。
上手い具合に、隅っこの席に案内されたこともあって、気兼ねなく長時間居座ることができました(苦笑)。


そしてその席で、レグルスさんの新兵器、iPadが登場!
昨年の川井さん担当作品の情報を見ながら、なんやかんやとお話しました。いつもはうろ覚えの情報が頼りなので話もボヤケちゃうんですよね(汗)。


その後、タブレットスマートフォンの話題に脱線した後、当ブログやコミケ本作りの話題に。
当ブログの開設当初から参加している私に、最近参加した他のお二人から質問やご意見を頂きました。しかし質問に上手く答えられなくて歯がゆい感じ。大いに初心を忘れていることに気付かされたのでありました。


今回は脱線が少なかったのですが、いつもは川井さん担当作品以外の映画やアニメの話にも脱線しまくっております。
今後も 『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』(1月24日・大阪ステーションシティシネマ)、『劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹』(3月8日・梅田ブルク7)、『THE NEXT GENERATION パトレイバー』(4月5日・大阪ステーションシティシネマ)などオフ予定作品が満載ですので、関西オフに興味をお持ちの方は是非! 当ブログにコメント下さい。
また、けんじけんへのメールでの連絡は ここをクリック! して「目安箱」からお願いします。