ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

オススメの作品『かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート』

『かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート』あるいは『龍虎門』予告編の謎

レグルス@関西人です。自己紹介後、初の投稿になります。
この映画、邦題は『かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート』ですが、個人的には原題である『龍虎門』と呼んでます。


本作は香港カンフー映画で、オープニングを見れば分かるように、マンガが原作のようです。主人公たち3人がみんなヅラをつけているのはそのせいでしょうね(^_^;)


サントラは日本では未発売ですが、私は幸いにもけんじけんメンバーのみーらさんが紹介された海外サイトから購入することができました。


川井さん担当作品の中で映画の曲を集めたベスト版サントラ『K-PLEASURE』には、エンディングの『龍虎門〜未 Completion』と、特訓シーンの『龍虎門〜燃焼 On Fire』のみ収録されています。


が、バトル曲好きな私としては、お座敷での『Matrix』のパクリ/オマージュシーンが楽しい『反攻Counter Attack』、邦題の通りかちこみシーンでの『攻Attack』、そしてそしてクライマックスを盛り上げた『戰The Battle』が収録されたサントラは必携なのです。


中でも『戰The Battle』は10:45もの大作で、ラスボスの砦への殴り込み場面から、優勢・劣勢を経て、決着がつくまで終始流れ続けます。この曲を聴けば、ある意味映画を実際に見る以上に充実感に浸れること間違いなし(曲のテーマ(旋律)自体は『龍虎門〜未Completion』と同じ部分も多いのですが、テンポはこちらの方が早いです)。




そしてこの映画、本国版の予告がメチャクチャ恰好いいんです!!(DVDに『オリジナル予告2』とあるのがそれ)
カンフー映画好きな私は、何度この予告編だけを見たことか……。


ですが、この曲はサントラ未収録。
劇伴がほとんど全曲収録されているのに何故?と思いますが、もしかしてこの曲、劇伴の作成前にデモ的、あるいはプレサントラ的に作られたものではないでしょうか?


香港から日本の川井さんに作曲を依頼するほどのファンであるスタッフが、「埋もれさせるには惜しい」と思って、その曲を予告編に使用したのではないか……?というのが私の推理です。


特に0:55からのフレーズは『攻Attack』3:29の部分をアップテンポにしたものなので、川井さんの曲であることは間違いありません(川井ファン生命をかける!?)。


お勧めは1:06からの繰り返しフレーズ、闇夜の疾走シーンと相まって猛烈にしびれます。(ちなみに、1:17のセリフが「ちょ、来いや!」に聞こえません?)(^_^;)


紅い眼鏡』のメインテーマと同じく、このようなフレーズの繰り返しは川井サウンドの特徴/魅力の1つと言えるかもしれませんね。



かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート Blu-rayかちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート Blu-ray

TCエンタテインメント 2012-09-05

かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート スタンダード・エディション [DVD]かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート スタンダード・エディション [DVD]

ギャガ・コミュニケーションズ 2011-10-17