ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

オススメの曲 『梅の煌めき』(NHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』オリジナル・サウンドトラック)

どうも、ももんが@けんじけんです。


4月に始まって以来、ダイジェスト版等も含めると、放送のない日はなかった『梅ちゃん先生』。9月に本編が終わってからも、総集編やらスペシャル版やらで、10月に入っても毎週何らかの放送があったのですが、20日スペシャル版で本当に最後(前編の再放送もアリ)。お見逃しなく♪

10月20日(土) BSプレミアム 『梅ちゃん先生 〜結婚できない男と女スペシャル〜』
●前編「半径100メートルの男」:午後8:00〜 (再放送)
●後編「欠点ばかりの女」     :午後9:00〜


さて、今回オススメする『梅の煌めき』は、本編開始直前のメイキング番組『梅ちゃん先生ができるまで』の冒頭で流れ、私が最初に聴いた本作の曲……と思っていたら、厳密には二曲目でした。


軽やかなリズムに乗った、ちょっぴりノスタルジックな粒子を含んだメロディ。同時に力強さも感じられ、貧しいけれども活気のある『梅ちゃん先生』の世界観にぴったりです。


中盤や終盤辺りに入るアコーディオンの素朴な音色も魅力的ですが、私の最もお気に入りは、イントロ部分の後半の弾むようなリズム。始まって11秒くらいのところで曲調が変わる、その後の部分です。


メイキング番組の冒頭で、まず『梅ちゃん先生』(サントラ1収録)のイントロ部分が流れ、続けて番組タイトルの表示と共に『梅の煌めき』が前述の部分から流れ出します。文字と梅のイラストが舞い降りてくるようなタイトル画面と、弾むようなリズムがピタッと合わさった瞬間、私は「キャー! 川井さん、天才っ!!( ≧∇≦)ノ まるで朝ドラみたい!!(朝ドラだっちゅーの)」と大感激。……私、朝ドラは見たことないんですけどね。そんな人間にも、この曲が朝ドラをしっかりイメージさせてくれました。


しかし本編が始まってみると、タイトルバックはSマップの歌でガックリ……。
でも、いいの。私の心のタイトルバック/オープニングは『梅の煌めき』だから。