ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

オススメの曲 『コモーション〜ざわめき〜』(NHKスペシャル『未解決事件』 - EP)

どうも、ももんが@自分探しの旅の途中(ウソ)です。


私の好きな音楽のパターンの中に、短いフレーズが繰り返される……というものがあります。このパターンは昼寝をしつつ、あるいは瞑想しつつ聴きたいなぁと思うのです。


今回オススメする『コモーション〜ざわめき〜』もそういう曲です。
しかし、全く同じフレーズが繰り返されるのではなく、少しずつ変化しながら、音階が上がったり下がったりしていきます。そんなところがリングというより、螺旋のイメージ(映画『リング』『らせん』と絡めて上手いこと言ったつもり)。この螺旋感で、私は、ますます瞑想に入りたくなります。


低めの弦が刻むリズムを背景に、曲の冒頭からピアノのシンプルなフレーズが淡々と繰り返されます。曲の後半はチェロ(?)にメインを取って変わられますが、ピアノはその後ろで最後まで鳴り続けます。


しかし、そのピアノのシンプルさが罠なのです。なんだか自分も演奏できそうな気がする! たとえ下手でも鍵盤を叩けば「音」の出るピアノなだけに、出来そうな気がしてしまう!
もちろん、それは幻想に過ぎません。もしも本当に自分が演奏したら、絶対途中でこけそうになる! 延々と繰り返されるだけに、途中でワケが分からなくなって絶対つまずく!


そんな妙な考えに取り憑かれているうちにも、耳から入ってくるピアノの音色は淡々と、とめどなく流れ続けます。よどみなく……と書こうとしましたが、その表現は適切でないように感じます。どことなく素朴な風味の音色が不安定に思え、自分の妄想に不安感を掻き立てられる……。


まさに『コモーション〜ざわめき〜』!
川井さんが具体的にどのような要望を受けてこの曲を作られたのかは分かりませんが、恐らく「不安感を煽るような曲」という感じだったのではないでしょうか。
だとしたら、私はすっかり思うツボにハマッておりますな。

NHKスペシャル『未解決事件』