ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

音楽サイト「Last.fm」のススメ♪

【作曲家・川井憲次関連について、色々語ってみるブログ/第67回】


風見鶏でございます♪ (*゜▽゜)ノ

今回は、川井さんとは直接関係ないのですけれど、サウンドトラックファンとしてちょっと面白いと思うサイト「Last.fm」をご紹介致します。

(このサイトです → http://www.lastfm.jp/


まずは「Last.fm」とは何ぞや? というところですが、Last.fmのサイトから引用しますと……(ココから引用 → http://www.lastfm.jp/about
──────
Last.fm は音楽おすすめサービスサイト。ユーザー登録して Scrobbler をダウンロードすれば、Last.fm をご利用いただけます。これであなたが再生する歌に基づいた音楽をもっともっと発見できます。
──────
とのこと。
これだけでは??? な方も多いと思います。
要は、自分がPC(iPodも含む)で再生した音楽のデーターをアップロードして集計してくれる機能のサイトです。
さらに自分だけではなく他の利用者の聴いている音楽データーも見ることができます。
つまり「川井憲次」の音楽を聴いている世界中(イギリス発祥のサイトでわりとインターナショナルなのです)の人々を知ることができ、やろうとすればその人達とコミュニケーションも取れるいわば「音楽SNS」的なサイトなのです。


川井さんの曲で1番聴かれている回数の多い曲は? とか、どこの国の誰がベストリスナーなのか? とか知ることが出来ます。

あとは自分の方ですが、どのアーティスト(作曲家or歌手)のなんという曲を何回聴いたか、といった情報が集計されて見ることができ、意外な曲が1位だったり、実は1番回数多く聴いているのは○○さんだった!? とか、いろいろな情報を見て楽しめたりします。
これがけっこう面白いです。


参考例(風見鶏ページ) → http://www.lastfm.jp/user/vta_042
参考例その2(D-01ページ) → http://www.lastfm.jp/user/D-01

上記のアドレスは自分とけんじけん編集長のページですが、例えばこのページの過去7日ベストトラックを見ると最近はいったい誰の曲(歌)を回数多く聴いているか? がお互いバレバレだったりします。(笑)
比較してみると互いの好みの違いと共通点も見えてくるので、そこがまた面白いです。

考えようによっては、自分の音楽の趣味嗜好モロバレとも言えますが。(^^ゞ
まあ、それはそれ、楽しんじゃった者勝ちということで。

あと右側に表示される欄には、いろいろな情報(例えば聴いている回数の多いアルバムトップ10とか)を表示させることが出来ます。(デフォルトでは自分の行動のみ表示されてます)
これに関しては自分もあまり詳しくはなくて、ここではうまく説明出来ないのですが、基本的によそ様のページを覗いて真似っこしています。
現在表示しているのはどこかの外人さんがやっていたのを真似しました。
他の方のページを見に行くと皆さんそれぞれいろいろやっているのでこれもまた面白いです。


と、簡単な説明はここまでで。
わからないことがあれば、コメント欄や目安箱(http://form1.fc2.com/form/?id=542106)などでお尋ね下さい。
同じ遊びをする仲間を求めていますので、ご協力致します!


利用方法は、ユーザー登録して「Scrobbler」という再生した音楽データーをアップしてくれるアプリをインストールするだけです。
再生ソフトは「iTunes」「Winanp」とか「WMP※」などに対応しているようで、自分はiTunesで利用しています。
WMPは少し違った手順が必要になることもあるようです。


聴いている音楽情報を見るだけでなく友だち申請とかも出来ますので、同じアーティストが好きな同好の士を見つけることも出来るかもしれません。
(とくに足あと機能みたいなものはないので、気軽にいろいろな人のページを見てみて下さい)

ちなみに、自分の所に友達申請されてきたものは川井さんの曲を聴いている方であれば国籍問わずOKしちゃいます♪


もしよろしければ、このサイトを使って自分で聴くだけじゃない音楽の楽しみ方を見つけていただければ嬉しく思います。



最後に、突然話が変わりますが、川井さんが音楽を担当された香港映画『イップマン序章』と『イップマン葉問』の国内版BD&DVDが発売されております♪
自分はDVDの方を購入しましたが、観てるとアクションと音楽のコンビネーションに燃えます!
『序章』の署長はナンチャン似じゃない? とか、道場破りのおっちゃん目つきが伊武雅刀に似てない?
とか余計なことはまったく気になりません。<なんだそりゃ

ただ、現在サウンドトラックCD(香港版)が廃盤で再販される様子もなく、また国内版の発売も今のところされておらず、その予定もあるのかどうか定かではないのが残念でなりません。

映画本編は笑いあり、怒りあり、のなかなかのアクション映画です、もし興味を持たれたらぜひ一度ご覧下さい。
個人的にはとてもオススメです。(川井ファンではない方にもオススメ出来ます)


それからリンクを貼ったAmazonさんでは入荷時期未定となっていましたが、自分の場合は注文後一週間くらいして突然届きました。
思ったよりも簡単に入手出来ましてホッとしております。

とはいえ、劇場公開のされ方から想像するに、いずれ入手困難ソフト化するかもしれません。
念のため一応ご用心下さい。

【風見鶏】