ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

オススメの曲 『ベリアル銀河帝国 戦慄のテーマ』(ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国 オリジナル・サウンドトラック)

【作曲家・川井憲次の楽曲について、色々語ってみるブログ/第54回】


みなさんお元気ですか、ももんがです。


今回オススメするのは何の脈絡もなく、『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国 オリジナル・サウンドトラック』初っ端(主題歌を除く)の『ベリアル銀河帝国 戦慄のテーマ』です。
先日みーらさんから通販の告知があった けんじけん冬コミ本 『俺の妹がこんなに川井ぃわけがない〜川井憲次年鑑2010』 (通販はこちら) にD-01さんによる『ゼロ』のレビューがありますが、ここは一つ、映画未見のワタクシから!<見ろよ。


川井さんは作曲のみ(編曲は別の人)と知ったとき、もしかして余計な情報を知ってしまったのかもしれない、と思いました。これは制作側から川井ファンへの挑戦か!?(そんなことはありません。川井さんのスタジオの改装と重なったせいです)
そもそも、劇伴で作曲のみって? 完全に一本の旋律だけなのか、それとも多少の枝葉は付いているのか……。そんな疑問も渦巻きながら、サントラ発売日を迎えました。ドキドキワクワク。


主題歌が終わって、劇伴一曲目。
思っていた以上に川井節を感じます。
しかし、違う。何かが違う。何が違う?
なんというか「音」が違う。上手く説明できないけれども、楽器一つ一つの音色が違う気がする。
それに、何だかオーケストラの厚みがイマイチ感じられない。
それぞれの音が変にスッキリしていて、音と音の間に隙間があるような感覚。<これが厚みが感じられない原因?
それぞれの音に角があるようで、本来大好きな高音ストリングスも耳に突き刺さってくる。
何だか否定ばかりしているようですが、軽快なリズムと印象的なメロディに、ヘビーローテーションと脳内再生が止まりません。
「川井節とは何か?」というテーマに対しても興味深い作品です。