ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

オススメの曲 『序章-Night Stalker』(機動警察パトレイバー イメージ・サウンドトラック・アルバム VOL.1 INTERFACE)

【作曲家・川井憲次の楽曲について、色々語ってみるブログ/第32回】


どうも、パトレイバーをこよなく愛するももんがです。


この前は『紅い眼鏡』が20周年だったかと思うと、今度は『機動警察パトレイバー』がTVシリーズ開始から20周年だそうで。
4枚組CDセットを3ヶ月連続リリース!(詳細) …とか言われてもなぁ。パトのサントラは全部持ってるし。高音質CDでもmp3で取り込んじゃったら意味ないし。
川井さんのインタビューを収録? 既存のソフトに若干の付加価値を与えてまた買わせようとか、やたらと特典を付けて高価にするとか(DVDでよくあるヤツ)、そういう商売にはもう飽き飽きなんですよ。
未収録曲を収録(SET-2以降)だなんて、そんなこと言われてもね。

ぽちっとな。

あれ? 購入ボタン押しちゃった。

……( ̄▽ ̄ )
パトだから買うんだからね! もう今後は通用しないんだから!

実は私のPCおよびiPodには、パトのサントラは劇場版しか入っていません。
今でこそ新しいCDを買うたびに取り込んでいきますが、その頃はまだそういう時代ではなかったので、機会を逸したままになっています。他にも取り込んでいない昔のCDがたくさんあるし、それらを一遍に取り込むことも難しいので、何らかの機会がある度に取り込むことにしています。
私にとってパトは特別な存在なので(「『私と川井サウンドとの出会い』 ももんが編」参照)、取って置きの存在のままにしておきたい、という気持ちもあります。iPodに入っていなくても、パトの音楽はいつでも私の心の中にあるから!! …みたいな?
でもまあ、今回がいい機会になりそうです。


さて、パトのメインテーマにあたる曲(メロディ)は? ふと考えてみると、私には思い当たる曲がありません。どれもこれもそれぞれに「パト」なので。
しかし、パトを代表する(象徴する)曲の一つは、『序章-Night Stalker』だと言っても、異論はあまり出ないのではないでしょうか。そう、アバンタイトルで太田さん声でナレーションの入るあの曲。
デーンデンデーデデンデン、デーンデンデーデデンデン…、複雑に入り組んだ現在社会に鋭いメスを入れ」…。まちがいた。それ、太田さんじゃなくて西田さんだから。


パトで一番最初に耳する曲『序章-Night Stalker』。低くシリアスな曲調にハードにかき鳴らされるエレキギター、これから始まる期待感。とか書きながら、曲名が全てを表しているので、私がゴチャゴチャ説明する必要もないような気がしてきました。
TVシリーズでは『Night Stalker II』になりますが、少々トーン高めで始まり、軽快な感じ。ギターも含めて全体的にスマートになっています。
どちらも聴いた瞬間、脳の血流量が増大し、動悸・息切れ・めまい(更年期か?)、「パトだ! うひょーー!!(≧▽≦)」となってしまうのですが、旧OVAシリーズのサントラも含め、久々にじっくり・落ち着いて・粛々と聴く所存でございます。