ほぼ隔週刊けんじけん

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。

【オススメの作品『鉄の骨』(2010年)】

【作曲家・川井憲次の楽曲について、色々語ってみるブログ/第13回】
 

 原作:池井戸潤
 演出:柳川強(第1回)、松浦善之助、須崎岳
 脚本:西岡琢也
 音響担当:上温湯
 出演:小池徹平豊原功補中村敦夫陣内孝則

たか厨@けんじけんです。
今回ご紹介するのは、池井戸潤吉川英治文学新人賞受賞作を原作に、7月3日よりNHK総合で放送の始まったばかりの全5回放送予定のドラマ『鉄の骨』です。
 中堅ゼネコン・一谷組に勤める若き建設マン・富島平太(小池徹平)が、畑違いの土木営業職に放り込まれて、談合という現実に直面し、苦悩する社会派エンターテイメントです。
 
第1回で使われた音楽を数えてみましたが、延べ22曲でした。ただし一谷社内で遠藤(豊原功補)と”ボス”こと和泉(金田明夫)が談合金額を相談するシーンで、当初流れている「ゴォォ―」という空気音のようなものが効果音でなく、川井さんの音楽ならば、23曲になります。
 他の実写ドラマの使用曲数を数えたことがないので、51分(ED除く)のドラマで果たしてこれが多い曲数なのかどうかは、筆者には判断がつきませんが。
 
 公式掲示板で、川井さんが本作の音楽を「比較的地味な音楽」と語っていましたが、確かに第1回を聴いた限り、地味めで重めの音楽が多かったように感じました。
 筆者が明るめに感じたのは「冒頭、ビルの建築現場で懸命に働く平太を、優しく応援するかのような安らぎに満ちた曲」と「後半、逃亡した”ボス”を平太が足止め〜そこへ遠藤が追いつき〜”ボス”を各社の営業を召集した会場に連行するまでに流れた、ビートの効いた導入部の躍動感のある曲」の2曲位でしょうか。
 基本的には、主人公・平太が、談合渦巻く土木営業の世界に飛び込み、戸惑い、苦悩するという内容ですので、それに沿った重たい雰囲気の曲が多く用意されたのは当然と言えましょう。

 それでも、せめて平太と恋人の萌(臼田あさ美)がイチャイチャするシーンで『ホッとする様な日常曲が、箸休め的に流れてもいいのになー』とも思ったのですが、彼女との関係も原作通りだと、これから一波乱あるようなので、どうもその方面の曲は用意されてなさそうですね。

 それから筆者はピアノ好きなので、ピアノをフィーチャーした曲が多かったのは嬉しかったです。例を挙げると、

・6曲目〜「入室を拒否する掲示に従い、ドアにかけられた名刺入れに、虚しく名刺を入れることしか出来ない平太〜建設現場で生き生きと働いていた自分を回想するシーン」にかかるピアノの主体の哀切なメロディの曲。

・8曲目〜「屋上で対峙する平太と遠藤〜『元の部署に戻してくれ』と訴える平太を諭す遠藤〜『これって談合でしょう!!』と叫ぶ平太をドヤす遠藤〜営業部のパソコンで談合関連の記事を虚しく見る平太」までに流れる、ピアノを基調にして暗さを帯びた曲。

・9曲目〜「入札金額を相談する遠藤と”ボス”〜それを立ち聞きする平太〜自室で萌と『愛社精神』について話す平太」で哀しいメロディを奏でるピアノソロ。

・11曲目〜「松田社長(笹野高史)と吉川専務(矢島健一)と尾形常務(陣内孝則)たちの『談合』に関する会議〜出社する平太」に流れるピアノとギターが交錯する哀切を帯びた曲。

・13曲目〜「当局から、談合の有無を追及される平太と西田(カンニング竹山)〜各社営業が急きょ集まり、相談」という暗い事態を、ピアノの重い打鍵の響きを中心に表現した曲。

・15曲目〜「自宅に押し掛けてきた遠藤に『談合情報を漏らしたのはお前か』と追及される平太〜眠りこけている遠藤」はピアノのアタック音で始まり、緊迫感に満ちた曲。

・20曲目〜「再入札開始」、ピアノが切々と緊迫した状況を語りかける。

・22曲目〜「一谷の入札敗北が決定〜驚愕する平太〜次回予告」、ピアノが平太のショックを伝えるように重く打鍵され、メインテーマ(?)に繋がる。

 以上、8曲もありました。うはっーー(嬉しい悲鳴)。
 
 本作の為に、川井さんが何曲作曲されたのかは分かりませんが、「第1回で流れた曲で全て」ということはありますまい。第2回以降、流れるであろう新曲にも期待大です。
 あとは土曜ドラマ枠では『ハゲタカ』以外、前例がないようですが、サントラが発売されると嬉しいですね。

                                                                                                                                                                  • -

7/14追記iTunes Store でサントラのダウンロード販売が始まりました。
  http://itunes.apple.com/jp/album/id380449504